収益とマンション経営の話

マンション経営において収益物件かどうかということがあります。空室率が少ない、家賃が高い等があります。

収益とマンション経営の話

収益物件でマンション経営を行う

マンションを建てて家賃を得るという時いろいろと提案してもらえると思います。この時にはいろいろな予測のもとで行われることになります。いくらで建てて、ローンを組むということになります。
そして家賃収入がどれくらいでという話が出てきます。これはあくまでも予測の部分です。購入額やローンについては変わりませんが収入部分は予測ですからそのとおり入ってくることもあれば予測通り、また予測を植わる収入を得ることができる場合もあるということです。これはその時の事情によって考えることになります。予測なので一定のリスクがあることになります。
この時収益物件というのはどいうものになるかです。これは空室率のリスクが少ない物件ということになります。立地がよかったり、建物の質が良い、メンテナンスが良いということで人気があるというのであれば空室率は下がっていくことになります。空室がないのですから常に収入を上げることができる物件ということになります。マンション経営をするにあたっては重要なポイントになるということになります。さらにこういう人気の物件というのは家賃も高めに設定することができます。時代によって変化の必要がありますが、高い家賃で早めに投資資金を回収することができます。
さらに言うことができるのが資産価値が下がりにくいということになります。人気があるということは評価されることも多くなります。そのために良い評価が継続するということになります。不動産を所有しているとどうしても減価償却など価値の減少が気になるということもあります。減価償却は経理上の減額ですから実際に価値が下がっているというわけではありません。途中で評価を維持するための修繕などを行っておけばさらに価値の下落を下げることができることにもなります。より収益を上げてくれることになるのです。投資をするというのであればこういった物件を見つける目が必要になってくるということになります。
Copyright (C)2014収益とマンション経営の話.All rights reserved.